教師が征く 久々の日本語

空気のような母国語

このシリーズは、アフリカ・ザンビアの農村部にある学校で奮闘したある漢(自称:サムライ熱血教師)の話である。

africa zambia student 教師 アフリカ 日本語

昨晩、彼は数ヶ月振りに日本語で会話をした。

気が付いたときには、既に4時間ほど経っていた。楽しかったのだ。

母国語で話し、腹の底から笑うことの大切さを初めて感じた。これまで、そんなことを考えたこともなかった。

まるで空気や水のような、当たり前過ぎて気付きもしない、大切なことだと気付いた。

信じられないような本当の話だが、彼が数か月振りに日本語を話したとき、言葉がすらすら出てこなかった。

現役の二刀流の達人が、一刀流の初心に戻るとき、その太刀筋に僅かな迷いが現れるようなものである。

一方で、それは同時に、己の語学力の低さを物語っていた。

日頃から英語やチェワ語を日本語並みに使いこなしていれば、そのようなことを感じなかったかもしれない。

大切なことを、二つも気付かされた。

心境の変化

大学を卒業してザンビアに来るまで、彼はどこか廃れていた。

恐らく、心が廃れていた。

何かを諦めてしまったような人や、ただ何となく生きているだけの人にばかり、目が付くようになっていた。それが嫌だった。

しかし、それは見る側の問題でもあった。

人は色眼鏡を掛ける。心のありようで、どうにでも色が変わる眼鏡だ。

アフリカに渡って以来、それなりの目標があり、それに向かって日々地道な努力を実践している人に目が付くようになった。

結局それは、彼がそうゆう眼を持つようになっただけのことであった。

友との語らい後、そんなことを考えていた。

ネルソン・マンデラ曰く

私は我が運命の支配者
我が魂の指揮官なのだ

 

他のサプライズな記事

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です