教師が征く ある生徒の劣等感

生徒との一対一の対話

このシリーズは、アフリカ・ザンビアの農村部にある学校で奮闘したある漢(自称:サムライ熱血教師)の話である。

zambia sky africa sunset 学校 アフリカ 夕日

昨日は近所の高校生と対話を試みた。

彼は両親を失ったのか、もう会うことはないのか、姉の夫婦の家で暮らしてる。

里帰りもしてない。
彼の口から、両親の話が出たことは一度もない。

深く聞くことは、まだ出来なかった。

今年で、高校3年生になる。
大学には、行きたいそうである。
夢は、ビジネスマンになること。

そう聞いて、可能であれは、ザンビアではなく、海外の大学に行くようにお勧めした。

特にイギリスのオックスフォード大学など、世界のトップ10に入るような大学は、今後の人生に大きく変える力がある。

世界の若者と勉学を競うことは、生涯の財産になる。澱みない友情は、それが広ければ広いほど、後になって活きてくる。

もし仮に、日本の大学へ留学で来たならば、できる限りの協力をしてあげようと、彼は思った。

数多くの不都合を抱えてもなお「全て大丈夫です」と言う姿に、彼は何かを感じるものがあったのだ。

この時期は春休みのせいか、その高校生は、有機化学だの物理だのを教えてくれと、わざわざサムライ熱血教師の家まで来ていた。

その過程で、色々と話をしたのだった。勉強だけを教えて家に帰すこともできたが、せっかくの機会だと思い、一対一の対話をすることにした。

一番印象に残ったことは「肌の色について」だった。

その高校生は、自分の黒い肌について、何かしらの欠点を感じているようだった。サムライ教師の眼には、ただただ美しく見えるその漆黒の肌について、コンプレックスを持っていた。

「この肌のせいで損をすることがあります」

その言葉を放ったときの、彼の眼から漂う哀愁が、熱血漢の心を締め付けた。

コンプレックスは誰にでもある。サムライ熱血教師も、かつては修学旅行に行けないこど貧乏だった。お金がない、ということが、彼の欠点だと思い続けた過去がある。

世界のトップモデルですら、コンプレックスはある。逆にそのコンプレックスが、世界の頂点へと上り詰める原動力となったりもする。

「俺が日焼けしたときは、仲間に入れてくれ」

そうお願いすると、彼は白い歯を見せて笑った。

詮ずる所、人は中身が大事だということで、話は落ち着いた。

人種、性別、国籍、文化、年齢が違えど、人類にとって大切なのは心である。

生徒と教師という垣根を越えて、人として向き合えたことが、彼は嬉しかった。

明日もまた、教師が征く、
日本から遠く離れたアフリカの大地にて、
燃え滾る情熱、強く抱きて。

他のサプライズな記事

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です