教師が征く 未体験の体験

たくさんの初体験

このシリーズは、アフリカ・ザンビアの農村部にある学校で奮闘したある漢(自称:サムライ熱血教師)の話である。

ザンビア Africa School sky 空

未体験の体験。

これが海外生活の醍醐味だと、サムライ熱血教師の彼は思った。

日没後の停電は、文明の利器を奪う代わりに、なんとも形容し難いほどに美しい星空を与えてくれる。

ひたむきに使命に燃える漢ですら、天体望遠鏡を持ってこれば良かったと、悔やませられる程の魅力が広がっていた。

それだけではない。他にも、幾つか気付いたことがある。

まず、月明かりが意外と明るい。

目が慣れてくると電灯無しでも歩き回れる。彼のトイレが家から離れたとこにあるため、月夜でのそれは開放感に満たされた。

精神病は近代になって著しく増加したと言う。

古に生きた人の営みは、それはそれは穏やかであったのだろう。

そして蝋燭の火がまた優しい。

すきま風が火を揺らし、部屋の模様が変化したように見える。これが中々の風情があって良い。
空気が冷える夜、たった一つの灯火が、不思議と見る人の心を温める。

幾千もの修羅場を潜り抜けてきた侍には、静か過ぎる程に静かな夜は心が和んだ。

気の緩みは命取りである、と思ってきた癖が、まだ抜けきれていなかった。当時はまだ、あらゆる音に敏感だった。

次に、害虫

ザンビアの家は、ブロックにトタン屋根を乗せただけの簡素なもの。虫や爬虫類は容易に侵入できる。

そんな侵入者と一つ屋根の下で共存してみると、害虫が「害」虫でなくなる。むしろ「外」虫、つまり、単に外から来た虫でしかないことに気付く。

外虫はいつから害虫になったのか。

ゴキブリ、蛙、ヤモリ、蛾、トカゲ、蜘蛛。彼らは別に襲ってこない。害はなかった。

夕暮れ時にチラホラ現れる酔っぱらいの発言の方が遥かに有害である。

これら全てのことが、現地では取るに足らないような小さな事が、彼にとっては新鮮だった。

日本では、体験してこなかった未体験である。

剣術は、同じ流派の者とだけ手合せをしていも上達に限界がある。未知なる流派と交えてこそ、技に磨きがかかる。

今日もまた、サムライ熱血教師の教育という剣術に磨きがかかった。

 

他のサプライズな記事

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です